高価な理由冷え性の改善生ローヤルゼリー乾燥ローヤルゼリー

ローマ教皇も食べていた

1954年という年は、ローヤルゼリーにとって非常に重要な年でした。
フランスで保険省の認可を得た年ということはもちろんですが、かのローマ法王がローヤルゼリーによって命を救われた年でもあるのです。
このニュースは世界中に広まり、そしてローヤルゼリーの知名度を一気に押し上げるきっかけとなりました。

ときのローマ法王は80歳という高齢でした。
そのため、病気をきっかけとして非常に衰弱していたのですが、当時の医学を総動員してもその回復の手助けとなることはありませんでした。

しかし、全世界のキリスト教徒の頂点に立つローマ法王の治療をそう簡単に諦めるわけにはいきません。
そこで、すがるような思いで医師がローヤルゼリーを投与したところ、みるみるうちに容態が良くなってどんどん回復していったというのです。
一時は意識も無く会話をすることもできなかったローマ法王でしたが、なんと一命を取り留めて、その後ローマ法王としての活動を再開できるほどにまでなったのです。

このローマ法王の劇的な回復については学会で発表もされ、非常に大きな話題となりました。
加えて、ローマ法王自身が国際養蜂会議でミツバチを「神の小さな創造物」と呼び、感謝の意を述べたことから、更にローヤルゼリーへの注目は高まります。

ヨーロッパでは非常に古くからローヤルゼリーが利用されていましたし、その良さというのも経験的に知られているものでした。
そして、その他の世界各国でも養蜂は古い時代から行われてきていました。
そのように大変古い歴史のあるものに対して、この出来事によって大きな注目が集まるようになっていったのです。

現在ではローヤルゼリーはとてもメジャーなものになっています。
美容や健康のために摂取しているという方もとても増えていて、その商品のバリエーションも豊富です。
このように、誰でも手軽に食べられるものとして広まったのは、ローマ法王の奇跡の回復のおかげと言えるでしょう。
そんなローヤルゼリーに副作用はあるのでしょうか?
その答えはhttp://www.cerg.org/huku.htmlを見ればわかるでしょう。