高価な理由冷え性の改善生ローヤルゼリー乾燥ローヤルゼリー

ローヤルゼリーとはちみつは違うもの

ローヤルゼリーもハチミツも、ミツバチの巣から採れるということにおいては違いがありません。
しかし、この両者はでき方も栄養成分も全く違う、別物なのです。

まずハチミツですが、これは言わずと知れています。ミツバチが集めた花の蜜のことです。
ハチミツも、最近では非常に多くの種類が販売されるようになってきていますが、これもまた貴重なものであることに違いはありません。
なにせ1匹の働き蜂が一生のうちに集めるハチミツは、たったのティースプーン1杯分だけなのです。

しかし、それよりも更に貴重なのがローヤルゼリーです。
ローヤルゼリーは「王乳」とも呼ばれている乳白色の物質ですが、これはその作られ方もハチミツとは全く違います。
働き蜂が花粉やハチミツを食べて、それを原料に体内で合成し、蜂の咽頭部から分泌したものがローヤルゼリーなのです。

1匹の働き蜂の体重は、1グラムにも届かないほどのわずかなものです。
その体から分泌されるローヤルゼリーがどれほど貴重なものかというのは、想像に難くないでしょう。

また、その栄養成分にも大きな違いがあります。
ハチミツの栄養成分の主なものは、なんといっても糖質です。ハチミツのあの甘さは、糖質の甘さなわけです。
ミネラル類などももちろん含んではいますが、ローヤルゼリーと比較すると微々たるものと言えるでしょう。

一方、ローヤルゼリーはというと、糖質はもちろんなのですがタンパク質や脂質も同時に含んでおり、更にはミネラルやビタミンも豊富です。
このように、様々な栄養成分が1つの食品でバランス良く摂れることから「完全食品」とも言われています。

ローヤルゼリーにはこれらの栄養素の他に、ローヤルゼリーにしか含まれていないR物質というものも含んでいます。
これは未だ研究中の物質であり、今後その働きに非常に注目が集まることが考えられます。
ローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸も注目されている成分です。

このように、ハチミツとローヤルゼリーとではその作られ方や栄養成分に至るまで、全く別物と言うことができます。
味においてもハチミツは甘くておいしいのですが、ローヤルゼリーはあまりおいしくないようです。 そんなローヤルゼリーをおいしく食べるアレンジレシピがhttp://www.gyteturkce.org/8.htmlでは紹介されています。