高価な理由冷え性の改善生ローヤルゼリー乾燥ローヤルゼリー

ロイヤラクチンと呼ばれるたんぱく質の宝庫

ローヤルゼリーは、非常に豊富な栄養成分を含んでいるということが知られています。
ハチミツと同じように蜂の巣から採取されるものですが、その生成の仕方は全く異なっており、ローヤルゼリーは働き蜂の体内で合成されているということがわかっています。
見た目も味わいもハチミツとは全く違っており、乳白色で独特の酸味があります。

このローヤルゼリーは女王蜂のための専用の食べ物として知られていますし、タンパク質やミネラルなどの栄養が豊富なこともわかっています。
しかし、なぜローヤルゼリーを食べることで幼虫が女王蜂になるのか、なぜ人間の健康に役立つ食品なのか、といったことについては、科学的な根拠は全く見つかっていないというのが現状でした。
それでも古くからローヤルゼリーが食されてきたのは、経験的に身体に非常に良い効果があることがわかっていたからでした。

そんなローヤルゼリーの特別な効能の秘密が明らかにされつつあります。
その秘密の鍵となるのが、「ロイヤラクチン」という成分です。
ロイヤラクチンというのはローヤルゼリーに含まれているタンパク質の一種なのですが、なんとこの成分があることで同じ遺伝子の蜂の幼虫が女王蜂になっていくということが解明されたのです。

実は、一口にローヤルゼリーといっても、新鮮なものと時間が経ったものとではその栄養成分に大きな違いが出てきてしまいます。
そして、時間の経ったローヤルゼリーでは女王蜂が育たないということがわかったのです。

そこで成分を調べてみると、新鮮なローヤルゼリーにはロイヤラクチンが豊富に含まれており、そうでないローヤルゼリーには含まれていないということがわかりました。
そのため、ロイヤラクチンが非常に重要なタンパク質であることがわかったのです。

このことから、私たちがローヤルゼリーを摂取する場合にも、できるだけ鮮度を保った良い状態のものを食べることが大切になってくるということが考えられます。
そのためには、販売時の保存状態や自宅での保管方法に気をつけなければなりません。
愛用者が多く、人気上位の商品がhttp://www.avalonlive.com/main10.htmlで紹介されていますので、これから始める方の参考になるでしょう。